メニュー

校長あいさつ

2011年04月28日
地域の中で積極的に生きる子どもの育成を目指して
地域の中で積極的に生きる子どもの育成を目指して  
                                                            校長 末高義美
 ようこそ、この度は城北小学校ホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。さて、昨年度末の3月11日には東日本大震災があり、本校も卒業式の総練習の日で5・6年生が残っていました。最初は揺れに気づきその場を動かないように指示し、次に机の下に隠れさせ、揺れが収まってからグラウンドに出し、人員点呼の後集団下校させました。この時点ではあんなひどいことになっているとは思いもよりませんでした。幸いなことにこの地区は防災組織がしっかりしており、年に3回の学校・地域・行政による防災三者会議が開催され、地域防災訓練も大々的に行われています。今回のようなことがあると、日頃の避難訓練や防災組織の充実の重要性をまざまざと感じさせられました。
 さて、本校はこうした理解があり協力的な地域や保護者の皆さんに支えられていますが、
そのことを子どもたちにも十分認識してもらい、学習や学校生活だけでなく、日常においても、様々な事柄や地域の人や行事にも、積極的に関わっていけるような子どもたちにするために、昨年度同様重点目標を
            「人との関わりの中で、積極的に生きる子の育成」
とし、自分のことだけでなく相手や周りのことにも気を配りながら、人との関わりとは相手の長所や欠点も丸ごと受け止めた心豊かな人間関係が構築できる子の育成を目指したいと思います。今年も「関わり」と「積極性」をキーワードに学校・保護者・地域が一体となって頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。
戻る