メニュー

校長あいさつ

2016年08月25日
ひたむきに取り組む姿こそ
 4年に一度のスポーツの祭典、オリンピック。地球の裏側のリオで行われていた各国の選手たちの素晴らしいパフォーマンスや日本選手の健闘に夜中(早朝?)まで、熱い声援を送られた方も多かったのではないでしょうか。

 よくスポーツ界では「結果がすべて」という言葉が使われます。今回のオリンピックでもメダリストたちへの評価や労いの言葉をたくさん耳にしました。一方、メダルを手にすることがなかった選手たちは、マスコミでの取り上げ方も少なかったように思います。
 しかし、本当に「結果がすべて」なのでしょうか。200m背泳ぎと4×100mメドレーリレーに出場した入江陵介選手は、今回はメダルには手が届きませんでした。入江選手といえば、これまで素晴らしい成績を残してきたことはみなさんもよくご存じの選手です。彼が思うような練習ができずタイムも伸び悩んでいた頃、このまま水泳を続けていても意味があるのかを自身に問いかけることがありました。そんな時、長期の休養期間から復帰したフィギアスケートの浅田真央さんの演技を見て、「自分の目指すところに向かって真摯に取り組む姿勢が、観ている人の心を動かしていくんだ」と感じたそうです。結果ばかりを気にしていた自分を見つめ直し、リオを目指して今できることを精一杯やっていこうと決意しました。その結果が今回の成績です。彼のツイッターには、これまで支えてくれた人たちへの感謝の言葉と、彼への熱い支持と温かなエールの言葉が数多く寄せられていました。確かに、結果は重要な意味を持ちます。しかし、自分で目標をたて、そこに向かってひたむきに取り組む姿勢こそ、最も大切な意味をもつのではないでしょうか。少し俯瞰して眺めれば、結果といえども経過の一通過地点でしかありません。

 夏休みを終え、子どもたちの明るい声が学校に戻ってきました。どんな夏休みを過ごしたでしょうか。夏休みを終えたばかりですが、前期も残り1か月半。城北小では、運動会に向けて学校全体で盛り上げ、子どもたちの成長を育む貴重な行事として取り組みます。今年は「仲間と協力してあきらめないでやりきる」ことが、子どもたちの目標です。この目標を一人一人が日々の取組で目指します。その姿こそ尊いものだと思っています。まだまだ暑い日が続きます。ご家庭でも十分な休養と体調管理に気を配っていただき、お子さんの挑戦を支えていただければと思います。
                                  校 長  山  広

写真一枚目
拡大表示
戻る

2018年04月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930











今日は・・・

特5日課 玄関訪問A赤2コース 6年社会科見学(賤機山古墳) 3年リコーダー講習会

アクセス