メニュー

校長あいさつ

2015年09月01日
成 長 す る 夏 休 み
 夏休みを終え、子どもたちの明るい声が学校に戻ってきました。どんな夏休みを過ごしたでしょうか。

 夏休み後半、小学生の子どもをもつ本校職員が次のような会話をしていました。
 職員A「子どもの学習課題が多くて多くて!ドリルの書き込み、それから○○、□□、・・・親も必死!」
 職員B「うちのところは学習課題がほとんど無くて、もっと出してほしい!」
 職員A「学校によって、また子どもによって対応が違うよね。」
 職員B「どちらにしても自分で計画的にやってくれるといいんだけど」

 そんな会話を聞きながら我が子が小学生のころの夏休みを思い出しました。 
 ある日の夕食時
 「今日はとっても楽しかったよ。友達と川へ行って泳いだんだけど、上から飛び降りてちょっと流れると浅瀬になってるからそこであがってまた飛び降りて…を繰り返したんだ。」
 「そう、それはよかった。飛び降りるところは危なくないの?」
 「深いから大丈夫!明日も行くよ。」
 「気をつけて楽しんでね。」
そして次の日、私が学校で仕事をしていると中学校区の学校間の連絡網がきました。
 「昨日、牧ヶ谷橋から川に飛び降りて遊んでいる小学生高学年ぐらいの子どもたちがいました。『危ない』と通行中の方から連絡がありましたので学校の児童でしたら指導をお願いします。」
 「わぁ、うちの子だ。橋の上から飛び降りていたんだ!」と驚き、急いで家に帰ったのです。

 子どもは楽しかったことを正直に伝えました。もう少し詳しく私が親として話を聞けばよかったと反省したものです。
 もちろん毎日「勉強はやったの?」、「勉強は!」の生活でしたが、(20年近く前のことです。)今振り返るとそれも子育て真っ最中、充実した日々だったなと思えるのです。
 学校では、前期も残り1か月半。第2ステージの大きな山・運動会に向けて、心も体もたくましく成長させるよう取り組みます。まだまだ暑い日が続きますが、ご家庭でも健康管理に留意され、お子さんが今、学校で何を頑張ろうとしているか話を聞き、そして応援してあげてください。よろしくお願いいたします。
                         校 長  日 吉 弘 子

写真一枚目
拡大表示
戻る

2018年04月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930











今日は・・・

特5日課 玄関訪問A赤2コース 6年社会科見学(賤機山古墳) 3年リコーダー講習会

アクセス