メニュー

校長あいさつ

2018年11月01日
読 書 の す す め !
 秋の深まりを感じる時期となりました。学校では後期が始まり、約1ヶ月が過ぎようとしています。10月9日(火)には、後期の始業式を行い、代表の子どもたちが力強くめあてを発表してくれました。また、後期学級委員の任命式を行いました。後期の学級のリーダーとして進んで行動してくれることを期待しています。また、子どもたちは一人一人後期のめあてを考え、意識して生活しているように思います。ご家庭でも、子どもたちのめあてに向かってよりよくなろうと行動する姿を一緒に応援してください。
 先日10月20日(土)にはPTA主催のふれあい祭りが盛大に行われました。準備をしてくださった役員の皆様をはじめ、係の保護者の皆様、地域の各団体の皆様、多くの皆様のご支援があって実現できました。子どもたちの楽しそうな姿が印象に残ります。城北小のPTA、地域の絆の深さを強く感じました。ご協力ありがとうございました。
 さて、学校では読書旬間(10月22日〜11月2日)が始まっています。前期は低学年が学校図書館に行く回数が多く、本を借りる数も増えていました。高学年は本を借りる冊数が減っている状況でした。そこで後期は、学校図書館担当の大橋、早瀬司書、図書委員会の子どもたちが中心になって、秋の読書旬間のイベントを用意しています。

★イベント1は、先生方のおすすめの本を紹介しました。
 先生方のおすすめの本には図書委員手作りの背表紙がついてわかるようになっています。学年読書ビンゴカードに先生方のおすすめの本も読んでビンゴにチャレンジしましょう。
★イベント2は、図書館秋色クイズを用意しています。
 低・中・高学年に分かれています。高学年のクイズは難しい問題のようです。

 城北小学校の学校図書館では約11000冊の蔵書があります。毎年150冊ほどの新しい本を購入しています。入り口には、今月のおすすめの本の紹介や室内の書棚も読みたくなるような楽しい本、新刊を紹介してあり、本を読む環境は整っています。
 夕方暗くなるのが早くなってきたこの時期、秋の読書旬間をきっかけにして、ご家庭でも読書をする環境をつくり、子どもたちと一緒になって読書をすすめていただけると嬉しく思います。   校 長  志 村 明 彦
戻る