メニュー

校長あいさつ

2017年09月25日
支 え る 集 団
「フレー! フレー! 白組」 「ガンバレー! ガンバレー! 赤組」
 朝の時間や休み時間になると学校のあちこちから聞こえてくる応援練習の声。体育の時間には、新しい演技や競技に、悪戦苦闘しながら練習を繰り返す子どもたちの姿も見られます。昼休みのOSでは、先生方と一緒にダンスの練習をする子たちもいます。城北小は、まさに運動会一色に染まりつつあります。

 児童会で決めた今年のスローガンは「ゴールは目の前 全力疾走 城北絆で バトンをつなげ」です。最後の最後まで全力を出し切って、絆を強め、思いをつないでいく仲間作りを目指しています。これは、運動会当日だけのスローガンではありません。そこに至るまでの全ての取組で実現させなくてはなりません。演技の練習で、動きを覚えたり揃えたりすることで、仲間であることの実感や充実感を味わいます。競技の練習でも、相手と競い合い、より速くなるようにアイデアを絞り、勝利のために全力を出し切ります。こうした経験が、子どもたちを大きく成長させていくのだと思います。

 子どもの中には、運動が得意で能力の高い子がいます。でも、そういう子でもストレスを感じることがあるそうです。それは、もし自分が演技で失敗したり、競技で負けたりしても、家族や友達に認めてもらえるのかが不安になるのだそうです。運動の苦手な子は、なおさらです。だから、子どもたちが「失敗した時でも放り出さず守ってくれる」と安心できるような集団(クラス、家族)を築いておかなければなりません。「失敗した時に帰っていく場所」としての集団があれば、子どもたちは期待が大きくても、失敗しても成長できるんだと思います。

 第二ステージのクライマックスでもある運動会で、子どもたちの取組が実を結び、大きな成果となって子どもたちの成長の節となる事を期待しています。失敗や思わぬ結果にも出会うこともあるでしょうが、どの子にもやりきった充実感と感動を味わってほしいと思います。当日は、素晴らしい運動会になること間違いなしです。是非、子どもたちのひたむきに頑張る姿をご覧いただき、声援を送っていただきたいと思います。  校 長   山  広

写真一枚目
拡大表示
戻る